花のまちづくり「コスモスアベニュー事業」に初めて参加しました

投稿日 2021年6月26日

 日野市主催の標記イベントに、日野稲門会として今回初めて参加しました。

 この企画は、浅川スポーツ公園外周(万願寺5丁目3番地)のコスモス通りにコスモスの種をまき、種まき後も間引き・草取り作業等を行い、花が咲くまで大切に育てていくというものです。地域ボランティア活動の一環として、継続的に取り組もうと会員有志を募りました。前夜までの雨も上がり気持ちの良い夏空の下、12名の参加いただきました。
 簡単に草取りをして土をほぐした後、指で浅く筋を引いて3−40センチ間隔で種が重ならないように撒きます。植えたのは、草丈がやや低めの「センセーションミックス」という種類で、花の色は赤・ピンク・白と豊富だそうです。
 ほとんどの団体は何列かの平行線を引いてに撒いているようですが、我々稲門会はWマークになるように撒きました。定期的に雑草取りなど手入れをしてコスモスが順調に育てば、秋には綺麗にW文字を描いてくれるでしょう!楽しみですね。
 会員の皆様も公園近くを通った時は、ちょっと覗いてみてください。雑草があったら取っていただけると嬉しいです。  (広報担当 五十嵐)

実施日:2021年6月20日(日曜日) 
        
参加者:
五十嵐耕一、上田實、小笠原豊、川名達也ご夫妻、京極英二、小早川博子、相馬安行、生川博、町谷昌良ご夫妻、宮本誠二 (敬称略)

今後の予定:
  草取り・間引き-7月〜9月下旬頃まで (雨天の場合は中止)  
  ・7月31日(土)午前9時-12時
  ・8月28日(土)午前9時-12時
  ・9月25日(土)午前9時-12時 
                                             


    会場の写真

Wマークの形に種まき

参加者記念撮影

 
この立て札が目印です

過去のボランティア活動