今年も多摩川・浅川クリーン作戦に参加しました

投稿日 2021年4月27日
第12回多摩川・浅川クリーン作戦(報告)

実施日時:2021年4月25日(日曜日)  9時10分〜

実施場所:浅川一番橋から下流の両岸(日野稲門会の参加エリア)

実施内容:浅川一番橋北詰に集合し、参加者の確認、新型コロナ感染予防の体温計測・手指消毒、会長挨拶、参加者写真撮影、市職員の説明を受けた後、浅川の堤防と河川敷のゴミを収集し、ゴミ集積場に持参した。

参 加 者:18名(敬称略)
      秋田 叔彦、川名 達也、川名様夫人、相馬 安行、田 俊雄、高橋 敏夫、五十嵐 耕一、上田 實、小笠原 豊、京極 英二、杉本 武彦、玉木 雅治、生川 博、町谷 昌良、松島 修、南 正隆、宮本 誠二、吉川 正行

概要と雑感
  「緑と清流」をキャッチフレーズに掲げる日野市にあって、日野稲門会は日野市主催の「多摩川・浅川クリーン作戦」にボランティア活動の一環として毎年参加しております。
 昨年(2020年)は新型コロナウイルスの影響でやむなく中止になりましたが、今年度(2021年)は、感染防止対策を十分に講じた上で実施されました。3回目の緊急事態宣言が発出された直後で例年よりも参加者は若干少なくなりましたが、爽やかな好天にも恵まれたクリーン作戦は、浅川だけでなくコロナ禍で鬱屈していた参加者の気持ちもスッキリ晴れやかにしてくれたのではと思います。
 ゴミは少なくなってきているようですが、環境問題になっているレジ袋やペットボトルなどのプラスチックゴミは残っています。
 魚が泳ぐ澄んだ浅川の岸辺には、可愛らしい色とりどりの野花が咲き、とても良い季節です。ステイホームとは言うものの、コロナ感染リスクの少ない身近な日野市の自然の恵みを楽しみましょう。ゴミに気が付いたら拾って環境保護にご協力ください。
                       (広報 五十嵐記)
                                             


    
3密を避けて参加の皆さん
浅川と野花
 

過去のボランティア活動